アノ芸能人に言いたい放題☆

menu

なびとれ!

Sponsored Link

黒木瞳・川島なお美・渡辺淳一【リアル失楽園】が女優の明暗を分けた…!?【前半】

三角関係にもイロイロある。

ワイドショーでのテッパン、
それが「略奪愛」ネタ。

芸能界での略奪愛ネタは
本当に事欠きませんが
割とワンパターンですよね。

既婚男性が若いオンナと
不倫の末、糟糠の妻を捨てる。


こんなのが多い^^;


でもやっぱりそこは男女関係、
バリエーションがあります。

今回はそんな変化球バージョン…

  • 黒木瞳 川島なお美 共演ng
  • 失楽園 黒木瞳 川島なお美
  • 渡辺淳一 黒木瞳 川島なお美
  • 川島なお美 黒木瞳 失楽園
  • 渡辺淳一 川島なお美 黒木瞳
  • 黒木瞳 川島なお美 不仲 原因
  • 黒木瞳 川島なお美 共演NG 理由
  • 川島なお美 渡辺淳一 略奪


はい、黒木瞳さんと川島なお美さん
そして作家の故・渡辺淳一さん。

この3人の「カタチ」について
ひたすら語りましょう〜


渡辺淳一さんといえば
代表作「失楽園」などヒット作を産む
大物作家でした(2014年逝去)。

アイルケもあったね。。。
岸谷五朗も魔性女優にメロメロ〜

大物だけに女性関係も派手。

…いや、それは違いました^^;

そもそも渡辺淳一さんは
札幌で医師をしてたんですよね。

それが35歳のときに
奥さんと子どもを残して
愛人と上京して執筆活動を開始する
という
異色の経歴の持ち主です。

渡辺淳一さんは最初から
女性関係は派手だったんですな。笑


ヒット作を飛ばしながら
一般人からホステス等のおミズ系の女性、
芸能界ではモデルに女優。

かなりの噂がありました。

でも「漠然とした噂」はありつつも
決定的なスクープは意外と少ない。

その理由はやっぱり
「ドル箱作家」
であることが一番大きいでしょうね。


本を出版する出版社はもちろん
映像化するテレビ界や映画界にとって
ヒット作の著作権を持つ作家は

金のなる木=頭の上がらない存在

なのは想像がつきます。

ドル箱作家=アンタッチャブル…

下手に不倫をスクープして
機嫌を損ねられてしまうと
それこそ何億円もの損害
なりかねませんからね^^;

さらに渡辺淳一さんが
持っていたといわれるのが…

キャスティング権。


自分の作品を映像化する場合に

「あ〜、主演は○○にしてくれ。
それがキミのとこで
映画化する条件だからね!」


なんてことが言えたらしい。

そりゃ、
女優も寄ってくるわ〜^^;


で、そんな女優の1人として
「公然の秘密」扱いされているのが
黒木瞳さんです。

1986年の映画「化身」で主演。

相手役は当時若い女性から
絶大な支持を集めたダンディ俳優。


「化身」は黒木瞳さんの映画初主演作。

ですが、それだけじゃなく
黒木瞳さんにとっては
大きな意味のある作品でした。

それは宝塚歌劇団退団後の
本格的女優活動の一歩。


当時は知名度的にも
イマイチだった黒木瞳さん。

そんな黒木瞳さんにとって
ドル箱作家・渡辺淳一作品の映画化は
是が非でも出たい映画だったでしょうね。

それこそ渡辺淳一さんと
「公然の秘密」
を共有することになっても。

Sponsored Link

「えー?でも黒木瞳さんが
実力で抜擢されたかもしれないじゃん?
だって元タカラヅカなんだし…」

確かにそうです。

元タカラジェンヌだけに
基礎は既にできてますから
タダの新人ではありません。

でもね…

渡辺淳一さんの「化身」って
どんな話か知ってますか?


簡単に言うと…

地位とお金のある男が
若くて垢抜けないホステスを愛人にして
お金と時間をかけて自分好みの
エロイイ女に変えようとする…


そんな「ザ☆渡辺淳一」作品^^;


当然、男女の濃密な絡みの
『ワ〜〜オ』なシーン
がてんこ盛りなのはわかりますね?笑

そんな話にですよ…

退団したばかりの
元タカラジェンヌの娘役を
普通、キャスティングしますか??


「別に関係なくない?」

いやいやいや…
関係大アリです。

今でこそ元タカラヅカで
芸能活動する人は多いですし
女優だけでなく
その活動範囲は結構広い。

「ひな壇タカラジェンヌ」だって。笑

でもね〜当時はまだ
退団後も「清く正しく美しく」を
暗黙に求められてた頃
なんですよ。

とてもじゃないですが
渡辺淳一の「化身」のイメージとは程遠い。

どちらかというと
「フーテンの寅さんのマドンナ役」
みたいなのが普通です。


それに黒木瞳さん以外の女優から
売り込みもあったはず。

それをあえて元タカラジェンヌで
イメージがまるで違う
黒木瞳さんを抜擢したあたりに…

「はっは〜ん( ̄ー ̄)」

としたモノを感じてしまうのは
無理もない話ですね。


黒木瞳さんも役を掴んだからには
体当たりで挑み
「化身」で全裸を披露。

これ、タカラヅカ関係者や
そのファンからは

「タカラヅカの品位を貶めた!」

とかなりの反発もあったとか…

案外、厳しそう…

タカラヅカ関係者からはともかく
この全裸の体当たり演技は

「黒木瞳は元タカラヅカなのに
役のためには脱ぐことも辞さない
なかなかの女優魂を持ってるぞ!」


と業界内では概ね
高評価だったようです。


それで、ですよ…

「私だって!!」

と燃えたのが
川島なお美さんじゃないかと。
(勝手な予想。笑)


川島なお美さんと黒木瞳さんは
1960年生まれの同い年。

しかもたった1ヶ月違い。笑

一般的な知名度としては
川島なお美さんの方が
先に売れてたと思います。

キャンパス・クィーンとして
女子大生タレントの
ハシリみたいなもんでしたから。

意外と絵もウマイ。
名(?)コンビでした。

しかし川島なお美さんは
カンニング騒動やマネージャーとの
男女関係スキャンダルで失速…

まさに「化身」の1986年頃です。

川島なお美さん自身かなり
モヤモヤとしてたんじゃないでしょうか。


そんな中での黒木瞳さんの大抜擢。

これはかなり悔しかったでしょうし
羨ましかったはずです。

一発逆転を狙った
川島なお美さんが賭けたのは…!?


Sponsored Link

【後半へ続く!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Sponsored Link

最新記事はこちら

サイト内検索

人気ブログランキングのご協力ください

Sponsored Link