アノ芸能人に言いたい放題☆

menu

なびとれ!

小雪 庶民派アピールは需要と供給無視の大失敗!夫 松山ケンイチも…

小雪さんといえば最近は
すっかり炎上常連芸能人の1人ですね。

何をやっても叩かれ、
何を言っても叩かれ、
もうサンドバック状態の小雪さん^^;

元々ちょっと同姓からは、

「小雪って何か偉そうで嫌い」

「ラスト・サムライに出てから
 やたらハリウッド女優感出してるけど…
 ぶっちゃけ演技派ではない。笑」


こんなふうに
反感を持たれるタイプかも。

でもその一方では

「小雪は自分を持っててカッコいい」

「何だかんだいってもキレイ。
 小雪ぐらいスタイル良ければ
 多少のことは許される」


と揺るぎない固定ファンも
しっかりいる印象だったんですよね。


ですが、松山ケンイチさんと
結婚してからというもの、
何を言ってもやっても炎上炎上

ひょっとして
松山ケンイチさんがサゲ●ン??笑

でも松山ケンイチさんも結婚後は
低視聴率俳優
なんて言われてますもんね。

てことは
小雪さんこそがサゲ●ンなのか?笑


と言いつつもですよ…

松山ケンイチさん・小雪さん夫婦は
世間の注目を集める夫婦
なんですよね。

良くも悪くも、ですが…笑

私は小雪さんが最近やたらと
炎上してしまうのは
「庶民派」というのがキモだと思ってます。

というわけで、今回は…

小雪の庶民派アピールは
なぜここまでバッシングされるのか


これに迫りたいと思います^^


あなたの小雪さんイメージって
まず何が浮かびます?

高飛車?ワガママ?非常識?

これが小雪さんの本当の姿かは
わかりませんが
世間のイメージってこんな感じ。

それもそのはず…

小雪さんって
悪いエピソードがてんこ盛り〜^^;


松山ケンイチさんが
交際を申し込んだとき小雪さんが

「あなたみたいなヒヨッコで大丈夫?」

と言い放った高飛車エピソード

ロケで山の小さいホテルに泊まったとき
部屋に付いている風呂のお湯が

「何だか不潔…」

と小雪さんがスタッフを
下山させてミネラルウォーターを
何十本も買ってこさせたという
ワガママエピソード

楽屋備え付けの加湿器を
勝手に持ち帰った
という
非常識エピソード


単独ライブで暴露したらしい。

他にも百貨店内で犬を散歩させたとか
第二子出産時の韓国で
料金を踏み倒してトンズラしたetc…

小雪さん、本当にこのテの
エピソードが豊富です^^;

どこまでが本当で
どこまでが嘘かわかりませんけど!笑


こんなイメージを持たれながら
長男の子育てについて

「一般家庭と同じように育てたい」

と公立保育園への入園を
希望したもんだから
また大炎上してました。

「庶民派アピールがウザい」

「こっちは私立に入れたくても
入れなくて困ってるのに!!」


本当は一番支持を集めたいであろう
既婚女性からの反発が
かなり凄まじくて怖かった…^^;


どうしてわざわざ小雪さんは
世間の癇に障ることを言うのか?

不思議に思いません?

ちょっと考えれば
わかりそうなもんですが
これには案外単純なワケが。。。


ヒントは嵐の松本潤さんが
以前話していたことにあります。

「これまで共演した女優さんでは
小雪さんが一番話しやすい。
意外とサバサバしてるし男っぽい」


という話ですね。

旦那の松山ケンイチさんも
黙ってると都会のイケメンですが
喋ると途端に東北弁丸出しの田舎っぺ。笑

小雪さん自身の実家も
普通の一般家庭だとか。

学生時代はバレーボール部で
インターハイに出場するような
バリバリの体育会系

実生活では一般人のママ友とも
夫婦で気さくに交流しているとか。

「庶民派アピール」
というより
「庶民は素の姿」
の方が正しいのでは…??

まあ、現在の収入は
一般家庭よりは遥かに多いでしょうけど^^;


じゃあこれまでの
近寄りがたい女優然とした
あのイメージは一体何なのか…

そりゃ、もちろん「戦略」、
ブランド」ともいえるでしょう。

あえて素を出さずに
イメージを築くことで
「小雪ブランド」を演出してた、と。

小雪さんが過去出演してきた
CMを思い浮かべてみてください。

ブランド力のある一流企業
しかも一定のブランド価値を持った
商品ばかり
ですよね。

マックスファクター「SK-Ⅱ」しかり
Panasonic「VIERA」しかり…

こういうブランド商品のCMって
ある種の非現実感というか
イメージ勝負みたいなとこがあります。

実用性とか生活感よりも
まず「カッコいい」イメージが大事。

そういう意味で小雪さんは
ピッタリだったわけです。

スポンサーリンク

ところが、ですよ。

小雪さんは結婚さらに出産後に
微妙〜なシフトチェンジ。

おそらく年齢も年齢だし
いつまでも「キレイ」だけでは難しい。

「家庭」とか「母親像」を活かすため
親しまれやすいようにと思って
素の部分を出すようになったんでしょう。

ま、ある意味正しいというか
現実的な路線ではあります。

でもこれが完全な裏目^^;


というのも、正直なところ
芸能界のママタレは飽和状態。

一昔前なら、

「芸能人なのに気さくで
意外と親しみやすくて
普通のママしてるんだ〜^^」


が目新しくてウケたんですが…

今さら「親しみやすい等身大」の
ママタレはテレビ的にも視聴者的にも
全く求められてないんですよね〜


今、そんなママタレばっかりでしょ?

そういうママタレが軒並み
叩かれやすいのも無関係じゃない。

需要と供給が合ってないんですよね。


正直、ママタレには向いてない気が…

芸能人って結局は
「見られてナンボ」の商売です。

「こう見せたい」とか
「こう見られたい」とか以前に
世間が「何を見たいか」を知るべき。

どんな商売もリサーチが命。笑

求められていないモノを
ゴリ押しされるのは

押し売りと一緒なんです^^;

だから小雪さんのシフトチェンジは
明らかな失策。

それが素だろうがアピールだろうが
小雪さんは叩かれるネタを
自ら生み出しているに過ぎません。


じゃ、どうすればいいか?

それは

小雪さんの芸能界における
「価値」とは何か?


を考えれば簡単です。

小雪さんの持ち味は
あの「女優然」とした独特の存在感と
生活感ゼロの雰囲気。


「演技力」と言わないところが
小雪さんに失礼?

でもこれこそが長年築き上げた
「小雪ブランド」
なんですから私は褒めてるつもり。笑

生活感ゼロのイメージは
上記のようなブランド商品にピッタリです。


それに小雪さんのあの独特の存在感が
ドラマでは悪女・裏や影のある女には
ピッタリなんですよね。

この視聴率の獲れない時代。

下手にドラマの主演なんかすると
デメリットの方が大きいんですよね。

視聴率が悪ければ
「小雪ブランド」力が下がり
視聴率が良ければ次が大変^^;

だったら話のキーマン役とか
印象的なチョイ役が一番オイシイ。笑


非常にオイシイ役でした。

実生活では3人のお子さんがいるわけで
ある程度、活動をセーブするためにも
こういう活動の仕方が賢い。

で、実生活では素の小雪さんのまま
一般人と気さくに付き合えばいいんです。

そもそも「庶民派」とかって
自分で言うと反発されるのがオチ。

ちょっとイタい人が
「私って○○な人なんだよね〜」
と言うのと同じです。笑

こういうのは
「第三者」が語る方が効果的。

よくあるじゃないですか?

「アノ人はテレビでは辛口だけど
楽屋では気遣いのできるいい人」

なんていう話。笑

自分で言うより信ぴょう性も高い
何よりイヤミじゃないので
アピールと取られにくいんです。


スポンサーリンク

すっかり炎上芸能人のイメージが
強くなった小雪さん。

以前のような
「私はハリウッド女優なのよ!!」

この近寄りがたさこそが
裏を返せば憧れにもなるんですよね。

ハッキリ言って…
庶民派な小雪さんを誰が見たいの??

これに尽きます。笑

夫の松山ケンイチさんにしたって
評価されてたのは
DEATH NOTEのL役みたいな
完全実写化できる憑依型演技。

これが視聴者が見たかったモノ。

それをいきなりの大河主役とか…
ブレた結果がアレです^^;

夫婦で再度、
商品リサーチをしましょう。笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

気になるアノ人の記事を検索!

最新記事はこちら

免責事項/プライバシーポリシー