アノ芸能人に言いたい放題☆

menu

なびとれ!

スポンサーリンク

芦田愛菜の親の職業は銀行支店長?親族には政財界の大物も…

芦田愛菜ちゃんが出演していた
ドラマ「明日ママがいない」

内容が過激すぎると大騒ぎされたため
スポンサーの意向でCMが流れないなど
波紋を呼んだドラマでしたよね。

で、大騒ぎした割には
視聴率も期待されたほど…^^;

主演の芦田愛菜ちゃんは
どう思ってるんでしょうね。

今後は黒歴史扱いなのかな〜^^;


さてそんな芦田愛菜ちゃんですが
世間が気になってるのは
芦田愛菜ちゃん自身よりも…

「芦田愛菜の親の職業って何?
 いいとこのお嬢さんっぽいけど」

「あんな小さい頃から
 芸能活動させて学校も休ませる。
 それって親としてどうなの?」

「芦田愛菜ちゃんの父親は
 銀行のエライさんって本当?」


とこんな感じで
ご両親のことだったりします。笑

芦田愛菜ちゃんの
あの年齢であの演技力
しっかりした様子を見ると

「どんな育て方をすればこんな子になるの?」

と興味津々になるのは
無理もありません。

逆に、、、

「子供にこんなに働かせるなんて…
 親の顔が見てみたい!!」


と勝手に(?)憤慨して調べる人も
結構いるのかもしれません。


ネット上で流れている情報で多いのが
父親が三井住友銀行で支店長をしている
という話です。

一部週刊誌でも出てましたね。

実は、以前調べてみたときに
該当する支店長さんは
見当たらなかったんですよね。

でも、現在は「芦田」という苗字の
支店長さんが実際いるようです。

役職や部署の変更などは
銀行人事ではよくあることなので
タイミングの問題かもしれません。


そもそも芦田愛菜ちゃんの
ご両親の職業に関して、銀行名など
超具体的な噂がでたワケは…

芦田愛菜ちゃんの大叔父の存在

が関係ありそうです。

芦田愛菜ちゃんの大叔父は
商船三井元代表取締役会長の芦田昭充氏
※現在は相談役。

商船三井といえば
海運業界では最大手企業です。

芦田愛菜ちゃん自身
育ちのよい感じがするのは
こういう家系ゆえでしょうか?

…といいつつ、私個人的には
大叔父さんがお金持ちだとしても
あんまり関係ないような気が^^;

だって、大叔父さんって親戚としては
結構遠くないですか?笑


ついでに、もう1つ
芦田愛菜ちゃんに関して多い噂が
「創価学会」絡みです。

噂の原因になったのは
「メレンゲの気持ち」出演

たかが番組1つとはいえ
司会が久本雅美さんですから。。。

久本雅美さんが共演者や後輩を
創価学会へ勧誘しまくるという話は
芸能界では有名ですしね。

それで結構
煙たがられているとか。笑

ま、何を信じるかなんて人の自由です。

久本雅美さんも
自分が「良い」と信じるからこそ
他人にも勧めるのでしょう。

でも、限度ってものがありますよね。。。

スポンサーリンク

久本雅美さんに限らず
芸能界は本当に創価学会員が多くて
学会員だと何かと便利らしいですしね。

キャスティングなどで
有利だったりするとか。

そういう噂があるので
芦田愛菜ちゃんに関しても
創価学会だと言われるのかも。

実際のところどうなんでしょうねぇ…

ひとつ言えるとすれば
芦田愛菜ちゃんぐらい知名度や
実力がある子役は他にいません。

そんな「パワー」が無くても
番組には呼ばれるでしょうね。笑


ただ逆に言えば
まだ「子役」でもある。

かつて「天才子役」と呼ばれた方たちが
その後、芸能界で大成したかというと
必ずしもそうではありません。


むしろ子役時代以上に
活躍できた人のほうが少ないかも。。。

「家なき子」の安達祐実さんにしたって
子役イメージからの脱却には
今だに成功したかと言われると
ちょっと答えに詰まります。。。


何か…イケナイモノ見ちゃった感が。

さらに芦田愛菜ちゃんは
これまでの子役とは少し違う面も。

なんとこの年齢でアンチが多い(;´д`)トホホ…

しかもアンチが言うことには
「演技がわざとらしい」だそう。

いや〜子役に向ける
バッシングとは思えない。笑

私は「演技」できること自体が
十分すごいことだと思うんですけど
それじゃ勘弁してくれないのでしょうか。


スポンサーリンク

相手は子どもですよ?
ちょっと求めすぎっていうか…笑

もっとヘボい大人の女優なんて
いくらでもいるのにね…

ま、それだけ芦田愛菜ちゃんが
子役の枠から飛び出た存在だという
証拠なのかもしれません。

規格外といいますか…

得てして、人はそういう
理解を超えた才能を目の当たりにすると
アラ探しをしちゃうのかも^^;

銀行支店長のお父様にすれば
まさに自慢の娘さんでしょうね。

心配も多いでしょうが…^^;

今後、芦田愛菜ちゃんが
どう成長していくのか
楽しみでもあり、ちょっと怖くもあります。笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事はこちら

最新記事はこちら

サイト内検索

人気ブログランキングのご協力ください

スポンサーリンク