アノ芸能人に言いたい放題☆

menu

なびとれ!

篠原涼子がドラマ視聴率女王なのは○○性がカギ!?ライバル米倉涼子には無い…


篠原涼子さんは視聴率女王か
それとも…!?

篠原涼子さんが主演したドラマは
いずれも高視聴率だったことから
「視聴率女王」と呼ばれてますね。

そんな篠原涼子さんですけど
最近はドラマはご無沙汰…

お色気シーン満載ドラマ。

篠原涼子さんは市村正親さんと
結婚して二児の母なので
仕事はセーブ気味なんでしょう。

それでも…


  • 木村拓哉 篠原涼子 ドラマ
  • 篠原涼子 ドラマ 主題歌
  • 古田新太 篠原涼子 ドラマ
  • 篠原涼子 ドラマ 動画
  • 赤西仁 篠原涼子 ドラマ
  • 篠原涼子 ドラマ 刑事
  • キムタク 篠原涼子 ドラマ
  • 中居正広 篠原涼子 ドラマ


このとおり^^

過去のドラマも含め
篠原涼子さんの出演するドラマは
常に興味を引いてます。


確かに篠原涼子さんはキレイですが…

でも綺麗な女優さんなら
他にもたくさんいますよね?

なぜ篠原涼子さんのドラマは
いつも高視聴率が取れて
皆の話題になるんでしょう?

今回はここを掘り下げてみましょう^^


まずは篠原涼子さんの過去の出演作を
ざっとおさらいしてみると…

木村拓哉さんとの共演。
2010年の作品で平均視聴率は16.8%

今でこそ悪くない数字ですが
当時はキムタク主演ドラマとしては
「コケた」と言われました^^;

今でもキムタク主演作では
ワースト2なんです。

ちなみにワースト1は…

個性派俳優の古田新太さんとの
共演作は平均視聴率9.4%。

人格が入れ替わる設定は
昔からよくある設定ですけど
結構面白かったですよ^^

2003年の作品…もう10年以上前!

ちなみに相手役は伊藤英明さん。
古田新太さんのアクの強さに
完全に負けてますが^^;


阿部寛さんとの共演作も
コメディ仕立てで平均視聴率16.9%

実はこの作品が一番好きです(笑)

個人的に阿部寛さんは
コメディでこそ
その真価が発揮される気がする^^

ちなみにこの作品の放送は
2004年春クール。

篠原涼子さんは実は
同じクールで別の作品にも出るという
離れ業をしてのけてます。

TOKIOの山口達也さんと共演。


ここまでもしっかり視聴率を
獲得している篠原涼子さん。

ですが視聴率女王と
呼ばれるようになるのはこの後から。

まずは2005年赤西仁さんとの共演作。

平均視聴率15.7%です。

原作小説はもうちょっと
えげつないコワい話だったような…^^;

それでも同世代の女性から
圧倒的な支持を得た作品でした。


翌年2006年には代表作。

平均視聴率15.4%
映画化もされた
まさに篠原涼子さんの代表作

刑事モノのサスペンスですが
真犯人には驚いた人も
多かったでしょうね^^

Sponsored Link

そして2007年。

平均視聴率20.1%
最終回はなんと26%超え!

大泉洋さんが全国区で
認知されるようになったのは
このドラマあたりからでしょうか^^

あのモジャモジャ頭…

小栗旬さんよりも
役柄にピッタリだと思うんだけど(笑)


その後も2010年の
岡田将生さんとの共演作「黄金の豚」で
平均視聴率13.5%

2013年には三浦春馬さんとの共演
「ラスト・シンデレラ」で15.2%を獲得。


こうやってみると
篠原涼子さんの出演ドラマでは
「安定感」があるのがわかりますね。

30%超えみたいな超ヒット作は無い。

でも「コケた」と言われるような
失敗作も無い。

これってスポンサーにとって
いつもそこそこヒットするというのは
重要な要素じゃないでしょうか。


さらに篠原涼子さん出演作の
大きな共通点が…

年下イケメンが相手役だと
すこぶる視聴率が高い

コレですね!!


「anego」の赤西仁さん
「ラスト・シンデレラ」の三浦春馬さん
「黄金の豚」の岡田将生さん
「アンフェア」の瑛太さん。

みーんな年下イケメン^^

さらに「ぼくの魔法使い」でも
相手役は年下の伊藤英明さんだし
「ハケンの品格」では
年下の小泉孝太郎さんが出てましたしね。


「若いイケメンが出てたら
そりゃ視聴率も高いでしょ〜」

と思います?

そんなことはありません。
ジャニーズや一押しの若手を集めたって
コケるドラマはコケる。

平均視聴率6.6%。
この時間のドラマ枠は消滅…

あくまでも
若い年下イケメン+篠原涼子
この構図が視聴者にウケるんです。

その裏には篠原涼子さんが演じる
「大人の女性の二面性」
がポイントです。


仕事がデキる理想の上司
クールで頼れるのに
色気もちゃんとある大人の女性

篠原涼子さんが演じる役は
こういう感じが多いですね。


でもその一方で
その役にはこんな設定もある^^

仕事はバリバリこなす一方
私生活では家事がダメだったり
恋愛下手だったり
辛い過去や挫折があったり…

仕事で突っ張ってるのは
実はその「弱さ」の裏返しだったりする。

ね、多いでしょ?


こういう「等身大の女性」
世の中の女性は共感を覚えるので
視聴率がとれるんですね。

そんな自分を投影できる主人公が
年下イケメンと恋に落ちる…

そりゃ視聴率もとれますよ^^


しかしその「設定」だけで
視聴率がとれると安易に考えるのは
大きな間違いです。

それを自然に演じられる女優でないと
逆にシラケてしまうんです。

いくら演技力があっても
ハマらない女優はいます。

しかしシリアスなドラマでも
コメディタッチのドラマでも
篠原涼子さんはめちゃくちゃハマる^^

それが「視聴率女王」と呼ばれる
篠原涼子さんの強みです^^


ところで…
もう一人の「視聴率女王」についても
検証しないといけませんね。

それは同じ「涼子」でも米倉涼子さん。

篠原涼子さんと米倉涼子さんは
以前からなぜか同クールで
主演ドラマがガチンコ勝負になるんです(笑)


2006年
篠原涼子さん「花嫁は厄年ッ!」
米倉涼子さん「不信のとき」

2010年
篠原涼子さん「黄金の豚ー会計検査庁特別調査課ー」
米倉涼子さん「ナサケの女〜国税局査察官〜」

2013年
篠原涼子さん「ラスト・シンデレラ」
米倉涼子さん「35歳の高校生」

ね?^^;


噂では本人同士もかなり
意識しあっていてバチバチだとか…

最近だと米倉涼子さんは
「ドクターX」で高視聴率を連発。

やや優勢な気もしますね^^

ですが篠原涼子さんは
ドラマ自体出てないので
勝負はまだついてないと言えるでしょうね。


この2人、ちょっとキャラがカブるとも
言われてるようですが…

まあ確かに、一見サバサバした
カッコいい大人の女性を
演じる機会は多いように感じる2人。


でも…

篠原涼子さんは先述のとおり
表面上はカッコよく見えるけど
「実は弱さのある女性」の役がハマる女優です。

一方、米倉涼子さんは
「本当にタフで強い女性」がハマる女優(笑)

似てるようで
その実、全然違うんですよね。


これは本人たちの「素の姿」とも
無関係ではないのかもしれません。

米倉涼子さんは
実際にもかなりサバサバした性格
小泉今日子さん率いる「小泉会」の
主要メンバーの一人でもあります。

小泉今日子さんがそうであるように
小泉会はかなり「男前」な集まり^^;


一方、篠原涼子さんといえば
市村正親さんとの結婚は
略奪愛との噂…

さらに昔所属していた
東京パフォーマンスドール時代の
イジメ疑惑もあります。

散々いじめられ
今でも共演NGだそうですよ…


そういう意味で
篠原涼子さんはかなり
「女性っぽい」といえるかも^^;

弱いようで一番したたかなのは
篠原涼子さんかもしれません(笑)


非常〜に都会的な雰囲気の
篠原涼子さんですが
実は出身は群馬県桐生市。

これも二面性の1つ!?

W涼子対決の行方も気になりますが
兎にも角にも
篠原涼子さんに早く
ドラマへ復帰してもらいたいですね!


Sponsored Link

ブログランキングに参加中^^
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

気になるアノ人の記事を検索!

最新記事はこちら

お買い得商品で賢く買い物!

大収穫キャンペーン中!

早期予約がお得!

こっそり漫画を読む方法

究極の節約術!

人気ブログランキングにご協力ください

免責事項/プライバシーポリシー

キャンペーン実施中!